セラピストの年齢不問?40・50代から始めるための知って得する面接の裏話

老若男女問わず活躍しているセラピストの多いリラクゼーション業界。

最近ではセラピスト求人検索ワードランキングでも「年齢不問」「40代」「未経験」が常に上位に入っています。

子育てで仕事を離れていたり違う業界への転職を考えている方が、何の仕事をしようかなと思った時に意外と身近で未経験でも歓迎されやすいのがリラクゼーションセラピストなんですね!

今回はリラクゼーション業界に興味のある方や新しい環境でやりがいのあるお仕事をしたいと思っている方へ、セラピストの年齢制限や面接で重視されている事などを紹介していきます。

1. リラクゼーションセラピストに年齢制限はあるの?

セラピストは何歳まで目指せるかというと・・やる気があれば何歳からでも始められる職業です!

1-1. セラピストの年齢制限がある会社の理由とは?

店舗のコンセプトや立地・客層などから20代30代のセラピストをメインにしている店舗があるためです。

反対に、年齢不問で募集しているリラクゼーションの会社もたくさんあります。

最近は40代50代から未経験で始める方や主婦の方も多く、60代以上でもバリバリ活躍されている方のいる業界です。

1-2. セラピストの業務には体力も必要です。

ただし注意が必要なのは、年齢が高くなるほどに技術や接客知識などを覚えるのが少し遅くれてしまう場合もあります。

また、技術や接客さえ覚えれば誰でも出来るのかというと、そうではありません。

セラピストは技術力だけでなく体力も接客力も必須ですので、健康である事と接客が好きな事は年齢問わず重視すべき点です。

上記を踏まえた上でセラピストになりたいと思ったら、いつでも始められるのがリラクゼーションセラピストの良いところ!

セラピストになるには?スクールやサロンを選ぶポイント

2. 年齢不問!中途採用における採用担当者の本音

セラピストは未経験でスタートする場合も中途採用のハンデは全くありません。

2-1. 40代や50代から始めても、人気のセラピストになる人の特徴

例えば今までデスクワークをしてきた人の場合

パソコン作業が苦手でない人の場合。これは一見セラピストの業務にさほど関係のないように思えるかもしれませんが、今はたいていどこの店舗でも予約システムを導入しているので、面接官が面接者に対してパソコン作業に不安はなさそうだなと感じられる事は一つの大きな強みだったりします。

また、自分自身がパソコン作業などで肩コリで悩んでいるとすれば、、お客様の気持ちを理解して施術することができますし、セラピストの技術を習得するのも早くなる方が多いです。

2-2. 面接で重要になるセラピストの人柄とは?

リラクゼーションサロンは人対人のお仕事です。お客様も商品(メニュー)ではなく人(セラピスト)につきます。ですので面接時、特に重要視するのは人柄となります。

具体的な4つのポイントをチェックしておこう!

  • 身体の疲れだけではないため、笑顔で接客が出来る人か?
  • お客様の身体に触れる仕事なので、清潔感があるか?
  • 身体についてのプロなのだから、姿勢が良く健康的か?
  • お疲れのお客様が来店されるのだから、言葉遣いやマナーに問題ないか?

最低でも以上の4点は第一にチェックされる、セラピストとしての向き不向きに関わる大切なポイント。

またセラピスト経験者だと面接時に技術チェックも行ないますが、未経験の場合、技術は一から研修する事になるので、早くデビュー出来るよう研修にちゃんと通えるかも重要です。そのため、短期集中で研修を受けることが良いでしょう。2週間程度である程度の技術を習得できます。少し時間のかかる方の場合は4週間かかる場合もあるでしょう。

後は働きたい時間や日数、報酬面などの希望が会社と合致するかというところになりますので、求人情報を見たり採用担当者に相談して、未経験でも安心してスタートでき、長くやりがいを持って働ける会社を選びましょう。

最後に

トライグループでは年齢不問でセラピスト募集を行なっています。

今までのあなたの経験を全て活かし、癒しのプロを目指してみませんか?

不安な事があれば何でもお気軽にお問い合わせくださいね。

東京・大阪・京都を中心としたエリアにてセラピストを募集中

採用エントリーはこちら

採用エントリーボタン